水素水サーバー・電解水衛生環境システムなら丸信工業

電話でのお問合せは
048-424-2727
TOP > 電解水と水素水のお役立ち情報 > 意外と知らない水道水に含まれている放射性物質(不純物)
お役立ち情報
2016/10/21

意外と知らない水道水に含まれている放射性物質(不純物)

電解水と水素水のお役立ち情報

こんにちわ。丸信環境編集部です。
本日は水道水に含まれている不純物に関してお伝えします。

水道水には基準値以下の微量ではありますが放射性物質が含まれており、
広島大学様のご協力を得て水道水に含まれる放射性物質の量とテック製の水素水サーバー機による
フィルターでの除去処理後の検証、測定を致しました。


原水(水道水) の数値

Te-132(テルル132)  →  0.69mBq/L
I-131(ヨウ素131)  →  52.13mBq/L
Te-129(テルル129)  →  1.93mBq/L
Cs-134(セシウム134) →  1.46mBq/L
Cs-137(セシウム137) →  2.34mBq/L
I-132(ヨウ素132)  →   0.12mBq/L
Te-129m(テルル129メタ) → 1.74mBq/L
Cs-136(セシウム136) →  0.04mBq/L


フィルター処理後(水素水)


Te-132(テルル132) → ND(検出されなかった)
I-131(ヨウ素131)  → ND
Te-129(テルル129) → ND
Cs-134(セシウム134) → 0.01mBq/L
Cs-137(セシウム137) → 0.02mBq/L
I-132(ヨウ素132)  → ND
Te-129m(テルル129メタ) → ND
Cs-136(セシウム136) → ND


結果のまとめ


測定結果として放射性物質の全てにおいて99%を超える高い除去効果が確認されました。
特にI-131(ヨウ素131)については顕著な効果が見られました。
また、Cs-134(セシウム134)とCs-137(セシウム137)については測定困難なほどの微量との結果を得ることが出来ました。


毎日に飲む水なので、基準値以下ではありますが微量の不純物を含む水道水ではなく
きれいな水素水を飲む生活を始めてみませんか。

水素水サーバの料金を詳しく知りたい方はこちら
資料請求はこちら

関連記事