電解水生成装置なら丸信工業

電話でのお問合せは
048-424-2727
  • 水素水の「還元力」でリフレッシュ!
    ガロンボトルからでも
    水素つくれるサーバー
    「い~水H2」は、一般の水道水やガロンボトルの水から
    水素を豊富に含む水を生成する画期的なサーバーです。

電解水とは・作り方

TOP > 電解水生成装置 > 電解水とは・作り方

そもそも、電解水とは何でしょうか?電解水の作り方と合わせてご紹介します。

電解水とは…?

電解水とは、食塩水を電気分解することで得られる水溶液の総称で、電気分解された電解水は陰極側の酸性電解水と陽極側のアルカリ性電解水とに分けられ、それぞれ異なる特徴を持ちます。

電解水の作り方

電解水は食塩水から作ることができます。

隔膜を介して食塩水を電気分解すると、陽極(プラス)側に酸性電解水が、陰極(マイナス)側にアルカリ性電解水が生成されます。

この2種類の電解水は、それぞれが異なる特徴を持ち、衛生管理に役立ちます。

【酸性電解水】・・・次亜塩素酸(HCLO)を多く含みます。除菌効果を持ちます。

【アルカリ性電解水】・・・たんぱく質の溶解や油脂を乳化させる働きを持ち、洗浄効果があります。

電解水生成装置「守る水」

洗浄&除菌…W効果の電解水!汚れの中に潜む菌も効果的に除去することができます。

 電解水生成装置「守る水」

菌が汚れの中に潜んでいる場合、通常の除菌剤だけでは菌を覆っている汚れにガードされてしまって充分な除菌効果を発揮することができません。

そこで、まずアルカリ性電解水で細菌の温床や臭いの元となるたんぱく質・油脂汚れを分解洗浄し、その後酸性電解水で菌を除去することで、しっかり除菌できます。